ネットショップの一元管理は良いの?悪いの?

ネットショップの管理を効率化できます

複数のネットショップを管理する方法には多元的なものと一元的なものがあります。ネットショップの運営では受注や発注、配送、在庫の管理、集計分析などが必要です。これらの作業をそれぞれのサイトの責任者に任せれば、多元的な管理ができます。一方で全てのネットショップの管理を一元的に行う方法もあります。多元的な管理では、各サイトの責任者がそれぞれの業務に習熟しやすいというメリットが存在します。一元的な管理を行う場合には、商品の在庫情報などを複数のサイトで共有できます。多元的な方法と一元的な方法にはそれぞれメリットがありますが、いずれを選択するかは事業者の状況によります。複数のサイトで同じ商品を扱いたい場合などには、一元管理することで業務を効率化できます。

多元管理から一元管理への移行について

一元管理すると、同じ商品の情報を複数のネットショップで瞬時に共有できます。在庫が少ない商品を複数のサイトで扱う場合などに最適です。また受注情報を一元管理すると全てのサイトのデータを多角的に分析でき、魅力的なサイト作りに役立ちます。さらに入金待ちや配送済みなど受注情報を段階的に把握できるため、問い合わせなどの対応も効率化できます。
複数のネットショップで同一の商品を扱うのならば、情報の一元管理が業務の効率化につながります。一方全く異なる業務で扱う商品も異なる場合には、多元管理が適しています。業務を効率化するためには、現場責任者の習熟が重要です。一元管理から多元管理に移行するためには、なるべく現場への影響を減らす必要があります。また情報を管理するシステムも、現場の責任者にわかりやすいものであることが求められます。